横浜デート№4 赤レンガ倉庫の歴史

懸賞 2012年 04月 07日 懸賞

みなさん 赤レンガ倉庫の歴史ってご存知ですか?
知っているようで知らない そんな赤レンガ倉庫の歴史を
ちょっとだけレポートしますね!

****誕生****
赤レンガ倉庫は 新港ふ頭の上屋施設として
明治末期に着工されました
補強財として 鉄材を使用し 非常用水管 防火戸などの耐震耐火設備
荷設用エレベーターの設置など 当時の最新技術が導入された国の模範倉庫でした
e0245625_1050082.jpg


一号倉庫:1908年着工・1913年竣工
二号倉庫:1907年着工・1911年竣工
e0245625_10563533.jpg


写真に写っているのは 二号倉庫です

e0245625_1050047.jpg


****繁栄・成熟****
上屋施設としての赤レンガ倉庫は 竣工と同時に勢いを増していく貿易の要所として活躍
葉タバコ・羊毛・洋酒・食料品・光学機械等の輸入品の保管場所として使用されました
人や物 文化の交流拠点として大勢の人が出入りし 賑わいの中心を担いました


e0245625_1050087.jpg



****停滞****
1923年9月1日の 関東大震災で2号倉庫は倒壊を免れたのものの
1号倉庫は半壊してしまいました
震災後 1号倉庫は縮小補強し 税関の施設として使用
第二次世界大戦後は 米軍に接収され 港湾司令部として使用されていました
e0245625_1050075.jpg


↑↑揚重機室
3階部分は一部4階構造になっています
ここはかつて 貨車で運ばれプラットホームに下ろされた貨物を運ぶ側壁揚重機(クレーン)の機械室で
1・2号館ともに4基設置されていました
関東大震災後は揚重機は撤去され 荷物を出し入れした2,3階開口部は窓に改造されました
現在この部分には施設管理設備が収められており 一般公開はしておりません




****終焉****
1956年以降順次米軍の接収が解除がされ その後も倉庫として利用されていましたが
近代化の進んだ本牧ふ頭などにその役割を譲らざるを得なくなり
1976年には 取引量が激減 
そして1989年には用途廃止となり 倉庫としての役割に終止符が打たれました

e0245625_1050057.jpg


****再生****
1992年3月横浜市は国から赤レンガ倉庫を取得し 屋根・外壁・の補修工事
構造補強工事を実施
「港の賑わいと文化を創造する空間」を事業コンセプトとして整備され
2002年4月 新たな文化・商業施設としてオープンしました
そして 横浜のシンボルとして新たな歴史を刻み続けています
(History赤レンガ倉庫歴史 より引用)

e0245625_1056464.jpg




どうですか?
みなさんは ご存知でしたか?
何気なく訪れていた赤レンガ倉庫
今年は 再生してちょうど10周年←ポチっとしてね!
この日は沢山の人で賑わっていました
魅力満載の赤レンガ倉庫
一日中居ても 飽きない場所です
今日の投稿は ちょっとお堅い感じだったでしょうか?


横浜デートのレポートは まだまだ続きます

By Chaco's Violet Room

by chacos-violetroom | 2012-04-07 19:07 | 横浜デート

<< 横浜デート№5 赤レンガ倉庫1号館   赤レンガ倉庫「歴史の景」 >>