暑くて寒くて暑くて…

懸賞 2015年 10月 04日 懸賞

原因不明の高熱
解熱剤が効いてる間は
一時間に3枚は着替えるぐらいに汗だくで…
喉が乾く!乾く!
しかもお白湯しか飲みたくない気分で、ポットのお湯が直ぐになくなる…
その間、薬を飲むために胃に何か入れないと!と
母がりんごやらバナナやらのスムージーを作ってくれて食事代わりに摂取(これは少しなら飲める)
これが、最終的にはバナナオーレになったのですが…

…んで、ヤクギレ(解熱剤ね!)すると震えが出る!
「あ!来そう!」と思うと
熱は37.5℃ 寒い!ガタガタガタ!
5時間待ってられないわ
飲んじゃえ!と解熱剤を飲み
ユタポン2個入れてもらって
一個は背中にくっつけ
もう一個は、愛おしげに抱きしめる!
(ユタポンは、レンジでチンする湯たんぽです。繰り返し使えます!寒冷地では人気で〜〜す
因みに本来湯たんぽ系は、低温火傷を防ぐため身体から離してお布団に入れるはずですσ^_^;)
冬用羽布団に毛布をかぶせて
布団の中でガタガタ震える
熱は一気に39℃
母はブツブツ言いながら
部屋を行ったり来たり
あちこちの病院やら叔母に電話しては
Chaco'sの頭を触りに来る
熱は40.9℃!
母は「80近い婆さんが娘の介護ってなんなのさ?…あんたゆでダコみたいに真っ赤でしょ!いやいや参ったね〜〜」と方言交じりで言い、また部屋の中を行ったり来たり

うーん。自宅だったら確実に救急車呼ぶなぁ〜
んで、看病してくれる人いないんで
入院させてくださいって頼むだろうなぁ…とおもいつつ

頭グラグラするなぁ
熱は41℃
アイスノンは緩くなってベタベタ
脇の下に入れてくれた保冷剤もベタベタ
首に巻くアイスノンはカッチカチだったのが一瞬でドロドロ
唯一、冷えピタだけが貼り替え可能。。。
田舎 ですから
実家、車ないですから
私、脳炎になるんじゃない?
呂律回らないし
身体中痛いし
変な病気?
ここで死ぬのは嫌だな〜〜
自分家の片付けして来なかったし
あぁ、、、やっぱりさ
旅に出る前は家の中綺麗にしないと死んだ時いやだよね?とか思いながら
こっそり隠れてネット検索
見つからないように布団に潜って…

「風邪の症状なし。いきなりの高熱」
あった!
これかも?

そんな辺りから
寒い寒いから逆転!
暑い暑い!
もうアイスノンもドロドロで効き目なし
冷えピタは、おデコがかぶれるぐらい貼った!
首にタオル巻いて全身着替えて
布団も汗で湿気っぽい

大好きな叔母が
色んなところに電話してくれて
バレエの生徒の親の薬剤師さん
Yukaちゃんの夫、製薬会社社員のタツヤくんとかに、片っ端から電話掛けまくって聞いてくれたらしい
連休中に診てくれる病院は限られている
しかも、Chaco'sは帯広の病院の診察券なんて殆ど持ってないしね

叔母は、病院に連れて行ってあげると言い
母は、タクシーで行くから良いと言う

Chaco'sの内心は
「おばちゃ〜〜ん!お願い!来てちょうだい!」
思わず叔母にhelpのLINEをしようかと思ったらChaco'sの念が通じたのか!叔母から電話
「今日は救急外来じゃなくて、当番医の方が良いらしい。これから迎えにいくから支度しておきなさい!とにかく私が連れていくから!」
それからまた汗だくのTシャツやらパジャマの下やら脱いで
「洗濯物乾いてる?さすがに病院行くのに下着姿じゃまずいよね?」
Tシャツの上に、どうにか乾いているらしきパジャマをきて9月というのにダウンコートをきて
パシュミナ首に巻いてバッグ斜めがけして
吐いたら困るからゲボ袋も待って待機!
非常に怪しげなおばさんです

この日は、姉と姪が札幌から来る日だったんだけど、姉と電話が繋がらないと言って母が苛立ち出し!
かくれてChaco'sが姉に事情の説明をLINE
姉から慌てて母に電話したらいきなり怒鳴りちらされ「なんで直ぐに電話にでないの!メール入れといたから読んで!忙しいから切るから!」とガチャ‼️
あの〜札幌から心配して運転して来るんだからさ
そう言う言い方はないんじゃないの?と思ったけど、寝込んでる本人のChaco'sが言うのもね…で後で姉に謝っておいた…
あぁ〜〜具合悪いのに気を遣うわ〜〜

そうこうしてたらピンポーンと叔母が来てくれて
「病気なんて好きでなるわけじゃないんだから気にしちゃダメだよ。可哀想にね」と…抱き締めてくれて

母も一人で心配して心細いやら、体の弱い娘で腹立たしいやらでパニック状態だったみたいです
もし、脳炎になったら十勝に引き取るしかないかな?年金生活で障害者の娘の面倒を見れるかな?そんなことまで考えたそうです
母ってありがたい
一瞬のうちにいろんな事を考え
自分の力でどうにかしようという母の愛
不器用だけど深い愛を感じました

結局病院には
母も一人で家で心配してるのも何だし…で
中年女性(Chaco's)、おババ二人の付き添い(母と叔母は姉妹である)で、夜7時に当番医に行ったのでした…
(十勝は、広いから帯広の病院っていっても遠い遠い…タクシーなら大変な額だったねσ^_^;)





By Chaco's Violet Room



[PR]

by chacos-violetroom | 2015-10-04 18:00 | ブログ

<< ご心配をおかけしております   いろいろありまして… >>