papaとChaco's

懸賞 2012年 03月 10日 懸賞

みなさま
Chaco'sは 明日からしばらく帰郷します
実家はインターネットの無い家なので
ブログもしばらくお休みすると思います
父親の「短期介護休暇」です

Chaco'sの父親は 教育者でした
大きな学校から 小さな学校まで
転々としながらも 日々自分の研究を突き進める父親は
Chaco'sの誇りでありました
e0245625_15352152.png


Chaco'sがこの世に生まれたとき
一番最初にご対面したのが父親でした
お医者様は「まだまだ生まれませんよ~」とおっしゃっていたようですが
母親が「何だか生まれそう・・・もう出てきているみたい・・・」と言って
病室のベッドだし・・・出てこないように・・・ってしずかーに息を吸い込んだら
スルリンって!
慌てた父はChaco'sを抱き上げ「あれれ・・・生まれちゃった・・・女の子だよ」・・・と言ったそうです
e0245625_15365721.png


それから両親に大切に育てられ
ことのほかChaco'sは父親っ子に育ってしまい・・・
周りが驚くくらい 父親と仲良しで・・・
父親から叱られたことは一度も無く・・・・
「それをやっちゃダメ!」という言葉は 一度も言われたことがありません。。。。。
「よく考えたのかい?・・・・ならやってごらん」・・・父はいつもそう言って
たとえ間違った事であっても 自分で気づかせる教育をしてくれました
子ども扱いをするわけではなく いつも「一人の人間」として接してくれました
困ったときには 何も言わずに 全面的に支えてくれる父でした

e0245625_17323863.png




18歳で進学のために上京したときも
両親はとても寂しかったと思いますが
「自分の好きなことを勉強しなさい」・・・そう言って
東京に出してくれました
Chaco'sには姉が一人おりますが 姉もまた東京の音大に進学しており姉妹一緒に生活をしました
娘二人を手放した寂しい親の気持ちなど、当時はそんな事を考えもせずに
未来に向かって進みたい想いで 希望に満ち溢れていました
心配性の母が「毎週日曜日の9時に電話すること!」と言い
その約束だけは今も欠かさず続いています
(現在は土曜日の9時ですが 毎週電話をしています)

父は折に触れ 勉強の相談事も仕事の相談事も
やさしくアドバイスしてくれる 心強い存在でした
e0245625_15392919.png


そんな父親が 退職してから
少しずつ体力がおちて
あちこちと病気を患うようにまりました
幾たびもの手術
離れて暮らしていると その度ごとの帰郷は難しいく 時に帰れないこともあり心苦しい日々でした
自分の持病もあり なかなか思うように身体を動かせない自分に苛立ちも感じました
しかしありがたいことにChaco'sの現在の職場では 2年前から「短期介護休暇」を取得できるようになり
年に3度ほど 父親とその介護で疲れきっている母親のケアのために
帰郷出来ることになりました

これからも 「短期介護休暇」を取って帰ることもあり
その時はブログをお休みするかもしれません

今回は約一週間ほど帰ります・・・家は夫がお留守番をしてくれます

親と離れて暮らしていると 気持ちに負い目があり 何もできなくて情けないのですが
ほんの束の間の親孝行が出来ればな・・・・・と思います



一瞬 一瞬を大切に生きる
この世に生んでくれた両親のためにも・・・
e0245625_15382289.png


もしも時間があったら 携帯から投稿するかもしれません♪
コメントのお返事は帰ってくるまでできませんが みなさんごきげんよう~**
帰ってきたら またよろしくお願いしますね♪




By Chaco's Violet Room
[PR]

by chacos-violetroom | 2012-03-10 15:56 | ブログ

<< 只今 空港   北の国から >>